×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

shashin

静岡への旅

2005/04/13 (木)〜04/14 (金)

この週、月曜から水曜まで出張で静岡に行くことになり、そのついでに木金を休みにして、一人旅をしてきました。
今まで出張で行くばかりで、ゆっくりと個人的に行くことがなかったので、いい機会でした。


11日。仕事で納品があって、その時間に合わせ、富士市周辺の市町村まわり。 翌日は伊豆相模湾沿い、翌々日は静岡から駿河湾沿いを南下し、御前崎で宿泊。宿に入る前に、 夕日を撮りに海岸へ降りて撮影。風が強く寒くなったので、宿へ戻って一杯やって就寝。







そしてこの翌日木曜日。毎度ながら下調べもほとんどしてなくて、気まぐれに行き先を決めて放浪。 天気は晴天に恵まれ、小春日和という言葉がぴったり。もう海は飽きたので、内陸方面に向かう。 暫く走ると、牧の原台地に着き、その周辺は一面お茶畑。結構な高低差があって、眺めも良かったので 30分くらいその周辺で撮影。





場所を移動しつつ、大井川方面へ向かおうと車を走らせると、またいい景色の場所を発見したので、車を停めて 撮影。うろうろしていると、民家の軒先に見事な枝垂桜が咲いていたので思わずシャッターを押す。





ここは金谷町のあたり。大井川周辺を眺望できる場所も発見する。 そしてさらに散策すると、旧東海道の金谷坂石畳というものがあって、降りていってみると 「滑らず地蔵」と称すお地蔵様が奉られていた。「滑らず」なので、受験祈願などの絵馬が奉納されていたりした。









お昼近くなって、食事をどうするか考えながら金谷駅に向かう。で、SLが走っているのを知ってたので、 その時間を見ると15時30分過ぎ位まで走ってない。あと3時間以上。仕方がないので、とりあえずコンビニ弁当で 軽く昼飯を済ませ、どこかいいポイントがないか探す。道の駅があったので一旦停めて周囲を見ると、 撮影に絶好の鉄橋があり、そこに決定。しかし現在13時前。あと3時間弱。何にもすることなし。

なのでずっとぼーーーーーっとして、たまーーーに来る電車(3時間待って往復でも3本くらい)を暇つぶしに撮影。 で、ようやくSLも来たのだが、無駄に緊張してしまって、あまり上手く撮影できず(´・ω・`)





なんとか自分を満足させて静岡市方面へ戻る。この日は友達のうちに泊めてもらう予定だったのだが、 まだ待ち合わせの時間まで余裕があったので、近場の三保の松原へ行く。海岸沿いをひた走り、 到着するも曇り始めてしまって富士山どころか夕日まで怪しくなってくる。残念ながらほとんど“行っただけ” になってしまい、日も暮れたので友人宅へ向かって木曜日は終了。









翌金曜日は特に何も考えてなかったので、すぐに帰ろうかとも思ったのだけど、富士川SAで朝食を取るために、 車を停めてふと北のほうへ目をやると、おおおおおおっと!ようやく拝めた富士の山!







この写真を撮ったところで、テンションは一気に

MAX HEART♪突っ込みは不要



いよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっしゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
こうなったら富士山の麓まで行ってやる!5合目までは車で行けるはずだ! ということで新5合目へ向かって、いざ!




途中の富士スカイライン西臼塚駐車場で我愛車クレスタ君を富士山バックに撮影。今回の旅はたくさん走ってくれて 感謝です。平日の午前10時前だったので、他に人がほとんど居らず、独り占めみたいで最高!





そして新5合目へ向かう交差点へ着いたと思ったら閉鎖中。仕方なく歩いて行こうとすると、 たまたま居た管理局のおじさんに、「徒歩ってなら入っていいよー」とお許しを頂いたので、徒歩ることにする。 ちなみに開通は4月27日だということだ。それまで除雪作業をしているんだそうだ。あと2週間遅ければ・・・。 そして「写真撮るなら、ここから700mくらい登ったところがすごいいい景色だよ」とお勧めを頂いたので、 そこまで行ってみる。そこに到着すると風景が一変し、言葉を失う。これほど感動出来る風景は初めて!









もう今回静岡に来たことに120%以上の充実感を感じながら富士山を後にしようと思ったのだけど、 更にテンションは上がりまくる。誰も通らない道路の真ん中で一人小躍りをし、

「こうなったら今日は富士山三昧だ!富士五湖も全部巡ってやる!はーっはっは!」

と寂しく叫び、意気込んで車を走らせる。
道の途中で桜並木と富士山の位置がばっちりのところがあったので、これもシャッターに収める。 そして時計回りで富士五湖を攻めていく。しかし午後になってからは富士が霞んできてしまうがキニシナイ。






まずは本栖湖。個人的には一番好きな方向かも。野口さんの千円札の富士山はここからの景色。確かめてみよう!


精進湖。水が少なくなってしまったようで、妙に湖岸が奥まっていた。


西湖。西湖を手前にした富士山は、ここからの角度以外はほとんど見れないようだ。 精進湖と地底で繋がっている説もあるところ。


河口湖。富士山が裾野まで一番すっきりと見える湖。
風光明媚ってのはこういうことを言うような感じかな。


最後に山中湖。西日で逆光になってしまい、更に雲もかかってきて、上手く撮影できない〜。

そして御殿場を経由し、6時間チョイかけて富士山の周りを一周した!でももう6時間前の快晴はなくなって、 富士山は完全に厚い雲で覆われてしまった・・・



折角夕焼けが出るかと思って期待して来たのに、仕方ない、これにて今回は終了だ、と東名御殿場のICに 向かって行く途中に、名残惜しくふと振り返って富士山を見ると、なんと雲が僅かに切れ、 夕日が出ているではないか!

うわあ!なんてこった!!もう沈んじゃう〜〜。仕方ない、ダッシュでポイントを探すぞ!
と、とにかく周辺を走り回って探すが、すぐにいいところが見つからない。なんとか見つけたのは近くの 乗馬トレーニング牧場(?)。ささっと車を脇に停めてカメラ片手にポイントを探す。 なんとか数枚撮影できたものの、焼けは出ず、あんまりいい感じには撮れなかった・・・




こうして丸一週間(月〜金)を静岡で過ごし、途中海老名SAで2時間ほど仮眠をとって実家へ帰宅しました。


富士山を撮るのはかなり根気と努力と運が必要なんだなーと、切に感じた日でした。

/* Copyrights (C) 2003-2009 N502i遣いの休息. All rights reserved. */