×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

shashin

鹿島鉄道ぶらり途中下車の旅

2007/01/20 (土)

この週のガイアの夜明けにて放送されたのがきっかけで行ってみました。今年初の撮影旅。


もともと行こうかなーと考えていた場所だったっていうのはあったのだけど、 なかなか行くきっかけが無かった時に丁度いいタイミングでのガイアの夜明けの放送。 とりあえず前日に準備して朝7時半過ぎくらいに出発。

高速を使わないで全て下道で移動だったんだけど、下道のみというのは何気に初かも。 んでもって天気はどんより曇りで良くない。この前日金曜日だったら天気がよかったのだけど・・・
でも平日だと鹿島鉄道の1日フリー券が使えないし、まあ仕方ないか。

今にも雨が降りそうな天気の中、目的地一箇所目、桃浦駅に到着。
到着は10時半ごろ。結局3時間近くの行程。国道6号がちょっと混んでた。 その途中でオカマ掘り事故を一台発見(写真は無い)。















ここ桃浦は無人駅。しかし駐車場が数台分あるのを確認していたので、ここに車を置いて動き回ろうと考えていた。 んで行ってみて丁度1台分空いていたのでラッキー。
良く見ると他の車も県外ナンバーばかり。一番遠いのだと、青森ナンバーがいた。 そして駅舎やホームには俺のほかに3人くらいテツがいた。 傍から見たら、俺もテツと変わらないんだろうけど。元テツだし。










そうこしているうちに列車到着。見ると満員電車。しかも朝の山の手線並みに。 中はみんなテツっぽい。うーん、まさかこれほどまでとは。

とりあえず乗車してどこで降りようか考えた末、終点の鉾田まで行ってみることにする。 どこに行くか決めてないのに乗るなよって言わないでw
なんか反射的に乗っちゃったんです。






終点鉾田には30分ちょっと揺られて到着。 鉾田駅ではあっという間の撮影会開始。みんな良いカメラ持ってるのかなと思ったけど、そうでもなかった。 これは一般人に対するガイア効果のが大きいかったからかな。

乗車中は車窓から外を眺めてたんだけど、居るわ居るわ線路沿いにカメラ構えたテツたちが。 ざっと感じただけでも100人くらいはいただろうなあ。










鉾田到着後の撮影を終了し、フリー切符を購入。そう、事が後先になったけど、 桃浦から鉾田まで来るときは切符など何も持っていない状態での乗車。 もちろんフリー切符買うときに素直に申告して払うって言ったんだけど、 駅員さんが「いいよ」と言ってくれたので無問題。

横断幕と風鈴は激励のもの。鉾田第二高校生徒会の皆さん、美術部に頼んだらよかったのに。




さて、切符の心配もなくなり、鉾田の散策を始めるとしましょうか。ちなみに事前知識は全く無し。 今までだとある程度は何かしら見てみようかと思うものはあったりする町が多かったけど、 今回は本当に何もなし。というわけであてもなくふらつき始める。














いきなり出てきたポルノ映画の看板には少々驚愕。危険なゾーンは緑に塗ってあるし。 これが町の結構な中心のようなところに貼ってあるから驚き。 っていうかパチンコ屋とか娯楽施設が全く無かった気がする。 だからこういうのしか娯楽が無いのか?

ちなみにタイトルは「その秘書淫乱につき!」と「獣のように後ろから」








歩けど歩けど繁華街が無い。昼飯をどこにしようかかなり迷った。本当に何もない。 郊外型のお店とかがあって、そっちに客を取られたのかなあ。それにしても全く活気が無い。 人はそれなりに居るのになあ。








街中を歩いても面白くない感じがしてきたので、小高い丘に登ってみる。階段を上るとそこは小学校だった。 サッカーやってた。スポーツ少年団ぽかった。










メインな道路を降りていったら左手にお寺が。やはりこういうところに来てどんな土地かを知りたかったら、 まずはお寺や神社が最適。でもここでもあまり情報は仕入れられなかった。 相変らず飲食店も(皆無じゃないけど)無い。

仕方が無いのでうろついた中で見つけておいた(唯一の)蕎麦屋さんに入る。 もうね、その蕎麦屋さんもね、地元の寄り合い所みたいな雰囲気。 こりゃだめだな。住民意識が低すぎます。寂れるのも当然か。
蕎麦はまあまあ美味かったけど。


食事後はさっさと駅へ戻り、桃浦に戻ることにする。駅に着いたらまた撮影会が開かれてた。










桃浦では上下線の交換が。これはいいタイミングですね。慌ててカメラ準備してサクッと撮影。

そのあとは霞ヶ浦のに行ってみる。行ってみるも何も無し。軽く歩いてすぐ車で移動開始してしまった。 しかし本当に何もないなあ、このあたりは。












足を向けた先は常陸小川駅。一応鹿島鉄道では要所の駅。ここ発の電車もある。 しかし駅はこんな感じ。「ひたちおがわ」の「ち」が取れかかってる。 まあ、そうだな、廃線は免れまい、と、ここで本気でそう思った。














時刻は15時前。ちょうど帰宅の時間帯だった高校生がたくさん降りてきた。 そんな様子を見つつ、駅周辺をうろうろ開始。 少しだけ離れた所に踏切があったので、望遠で駅方面を撮ってみることにする。








列車2、3本撮ってみたけど、構図はまだしもやはり晴れの方がいいなあ。 冬の寂しい雰囲気は出てるかもしれないけど。






そんな感じで午後3時半ごろ。次はどうしようか考えてみたけど、帰る時間も含めてそろそろ出発しようか、 というときになってついに雨が。いいタイミングだなあ。よし、帰ろう。ということでこの日は終了。

帰り際に、後ろからの追突っぽい事故を2件見つけたり(行きにも1件、計3件)と、 運転の気を引き締めさせられながら無事帰宅しました。


次回は浅草です。都内散策は荒川遊園の時以来かな。その次はまた遠出したいなあ。

/* Copyrights (C) 2003-2009 N502i遣いの休息. All rights reserved. */