×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

shashin

石垣島への旅 T

2008/08/05 (火)〜08/08 (金)

念願の石垣島へれっつらごー!!


前日までの体調不良も何のその。扁桃腺炎もそっちのけ。 現地の病院を下調べして、こっちの病院で貰った強めの薬を持って、石垣島に向けて出発。 羽田空港近くのパーク&ライド用の駐車場までカル君で移動。
飛行機はAM8:55の飛行機なのに、7時には空港に到着済み。 渋滞で嵌った悪夢があるためのトラブル回避。









今回の移動は、直行便が取れなかったため、沖縄那覇経由。 那覇空港は3年ぶり。空を見ると、やっぱり南国に来たなあと感じるわ。

乗り継ぎの時間は1時間ちょっと。 時間に余裕があるので何か食いたいと思ったけど、 扁桃腺が痛いので思ったものが食えない。 仕方なく飲み物のみ。



1時間ほどのフライトで石垣島到着。東京から実に約2,200km。 ついに来た念願の石垣島。 まずは今回の旅で同行する友人(現地集合)を待つ。 あと、今回のツアコン(?)兼ダイビングのインストラクターの、 現地に住む先輩にも連絡。
無事2人に合流し、まずはかるーくドライビン。川平湾方面へ。








続いて夕日がきれいだと言う御神崎。 残念ながら夕日の時間にはまだまだ早い時間帯なので夕景は無し。










そんなこんなで初日は特に何もすることなく街中へ戻る。
宿泊先に行ってチェックインし、夕飯には飲み屋で沖縄料理を食べ、 俺は酒もタバコも、料理ですらあまりまともに味わえずで悲しい感じで終了。




翌日2日目。
さて2年ぶりとなるダイビング。朝は8時半に出発。はやーい。 でもこういうときの朝8時半はなんと清清しいのだろう。
しかしこんな体調でブランクも2年とくれば緊張モノ。大丈夫だろうか・・・
一番の問題点は耳抜き。これができれば潜れるので陸上で試してみると、 とりあえず大丈夫そう。

ま、1本だけ試してみましょうか。それで無理ならまた考えよう。

ということで出発。






船で沖に出ること20分。ポイントに到着。 機材着けて、さあ行ってみよう。



どぱーん。








うっひょー!!!







全然問題なし!!!

というか楽しくて痛いのとか忘れた。


下三枚の写真は、上から順番に、イソギンチャク、タツウミヤッコ、フグ。 真ん中と下はすげえ分かりづらいと思うけど、探してみて。 ちなみにタツウミヤッコはかなり珍しい生き物。 先輩が石垣で6年潜ってても初めて見た、というくらい。









さて、午前中の1本でとりあえず午後まで丘(陸)で休憩。
お昼はタコライス。美味しかったー。
そしてそのあとは体験ダイブのお客さん待ち。 それまで一人周辺散策。ダイブショップから海までの道のりを歩いてみる。













うーん、夏だなあ。

そして海岸へ到着。
この、砂浜に行くのには舗装のない道を行って、 で、砂防林が切れているところから海が見える、っていう構図がすばらしい。 これぞ南国。これぞ沖縄な勝手なイメージ。
砂浜ではヒルガオとかちっちゃいヤドカリとかを寝そべって撮影。 なんかこういうのいいわあ。。。
















さて、1時間くらいうだうだ撮影してたら、体験ダイブの方々も到着したので、 一緒に船に乗って午前とは違うポイントにれっつらごー。 そういえば船のあたりでなんかのロケに出くわした。 ワカモノ系男女がメインだったと思うけど何だったんだろう。


午後は縦穴のあるポイント。そこで耳抜きが思うように出来ずちょっと焦るも、 何とか抜けさせてダイビングは続行。
午後の2本目はもう慣れて特に不安もなく楽しくダイブ完了。 それでもまだ体調は完全ではないので、翌日3日目もなるべく無茶しないようにしなければ。







と、いうことで2日目は終了。
2日目からはドミトリーに宿を移動。このドミトリー、かなり良かった。 ああいう雰囲気も好きだわー。
ちなみに夕飯は今日も飲み屋。また飲めないけど僅かに良くなった喉のお陰で、 食事は少し味わえた。




さあ、早くも3日目。

今日は午前中にマンタポイントにダイブ予定。 昨日と同じく8時半出発。そして朝一でポイントへ。 まだ他のショップのダイバーは少ない時間。 早速行ってみよう。












潜ってからも移動して、10分ほど。やがてうっすらと見えてきた大きな影。












おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!










すげええええええええええええええ!!!!

ゆったり優雅にヒレを羽ばたかせる姿は、まるで空を飛んでいるよう!
これは魅せられるわけだ。今回は2匹(2枚と数えるらしい)だけど、 多いともっと来るらしい。
それでもこの目で見れただけでも感動大。 ダイビングやっててよかったと思った瞬間。 2mも離れてない頭上とかを泳いでくれたりと、迫力満点!


こうして朝一ダイブを終え、その後2本目のポイントへ。 残留窒素が抜けた頃に再度!、となるところだけど、 俺は体調を考えてここまでにする。
今回は計3本のダイブ。満足です!!!



午後はカヌーで川遊び。マングローブの森に進入。
漕ぎ方もすぐに慣れ、上流方面へ進む。







静かだ・・・・本当に静かだ・・・・
風と、水と、鳥の鳴き声しか聞こえない。


引き返しポイントまで行ったら今度は下流方面なので、漕がなくても流されていく。 流れなんてほとんど無いに等しいくらいなので、危険なことなど何も無い。 カヌーに寝そべり、流されるままに川を下る。
引き潮の時間帯だったので、シオマネキがそこかしこに顔を出していた。







こんな贅沢があっていいんだろうか。 東京で仕事しているときのことなど、まるで嘘の夢のよう。 もちろんこっちの現実の方がいいのは当然。 でも、こういう環境をたまに味わえるから貴重なのだと思える気持ちも必要。

でも、ま、考えても仕方ないね。今は今を楽しむだけ。










川を下り終えたら今度はそのまま海へ。
海を進んで近くの砂浜まで漕いで行く。 海は漕ぐの辛いぞ。波と風が行く手を阻むし。 なんとか到着して今日はこれで終了。 ダイビングショップの皆さん、ありがとうございました! おかげで今回の旅は本当に楽しかったです。絶対また来ます!


と言うわけで石垣島での予定イベントは以上で全て終了。 このあと夕飯にはやっぱり飲み屋に行き、楽しい宴。 結局俺の喉は完治できないまま終了。でも潜れただけでもかなりマシ。 最初は石垣島まで行けるかどうかさえ怪しかったわけだし。


次は、石垣島への旅U(最終日4日目)。竹富島編になります。

/* Copyrights (C) 2003-2009 N502i遣いの休息. All rights reserved. */