×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

shashin

中国地方への旅 X

2006/06/26 (月)〜06/27 (火)

放浪の旅も終盤の9日目。この日は雨天のため行く場所を決められず、迷いながら車を動かしました。


前日に島から友人宅に戻り、またしても宿泊させてもらう図々しい俺。 今回の旅では世話になり捲りです。感謝してもし切れないくらい。
そんな居心地の良さと悪さを兼ね備えつつ、朝8時に友人宅出発。 翌日27日は帰り際にその友人の京都行きで少しでも恩返し。残された旅の時間はあと30時間あまり。 もうそれだけしかない。それでは行ってみましょう、瀬戸大橋!!

でもドヨーンな曇り空。っつーか雨?





まずは与島PAで撮影とお土産漁り。暗いよー写真上手く撮れないよー。 お土産は御当地ベビースターとかその他諸々お菓子。日にち持つし何せ軽いし。 んなわけで平日午前10時前、梅雨時ということもあいまって、 超ガラ空き(多分オンシーズンは物凄く混むと思う)の与島PAで暫し撮影敢行。








そして行き場を失う俺。とりあえず四国側に渡って、それからどうしよう。

PAでゲットしたガイドマップでいろいろ見た挙句、善通寺に行くことにする。
与島から40分くらいかな?善通寺市に到着。ちなみに善通寺の駐車場に車を入れた時点で雨は本降り。 傘必須。カメラが濡れる・・・傘差しながらだとぶブれる・・・

あ、お遍路してる方発見。この方は歩きっぽかった。というか後に散々お遍路する方をお見受けするわけだけど。 ちなみに年間50万人もお遍路する方が居るそうな。(ツアー含めてらしいが)












軽く善通寺内を一巡り。雨にもかかわらず結構人は居たなぁ。
あとあれ、京都の寺のような雰囲気ではなくって、また違った雰囲気。 何ていうのかな、京都が華だとしたらこっちは厳って感じ。んー的確な表現が見当たらない。

そしてちょっと街並も見てみる。善通寺周辺だけだけど。










そういえば雨の中の街歩き撮影は軽井沢のときにもちょっとしたけど、それもしっかりやったわけではなかったので、 今回が初めてになる。雨もいいかも。ただ、画というか構図を探すのが困難かな。 雨の雰囲気を出す写真、これが難しい。


そんな感じで善通寺終了。昼前の時点でどこかでうどんでも食うことにする。 次に行く場所を高松市内にし、車を東に走らせること30分。道の駅発見。なんかうどん会館なんて書いてある。 よし、昼飯〜。っても写真なし。

さて、ココからが本格的に目的を失うことになり、まして写真を撮れる天気でもなく、ただの苦悩な移動のみ。 うどんをすすりながらゆったりまったりしつつ、天気の回復を願うも通じず。高松市内・・・やめようかな。 室戸岬?あーありかも。でも今から行くとどんだけ時間かかるかなぁ。んーまあ途中まで行ってみるか。

そして国道を西に走り、途中の道の駅で眠くなったので仮眠したあと突如路線変更。 そうだ、やっぱ道後温泉行ってみるかー。そっちのが近いし。 でも高知も行ってみたかったな・・・あとせめて1日あって晴れてたらよかったのに。
そーいうわけでようやく目的地が定まり、松山道にIN。高速を降りたときは既に夕方。 あーん、何か今日は何もしてない。

そして到着道後温泉。
ナビを頼りに道後温泉本館近くのコインパーキングに車を停め、三脚を担ぎつつ撮影開始。










道後温泉駅にも行ってみる。これもまたいい感じの駅舎ですね。 20時になった時点で駅前にあるからくり時計が動き出す。観光客で時計前が混雑してた。








その時計前でおじさんに話しかけられる。千葉の方らしい。 おしゃべり好きなようでマシンガントーク。おじさんスイッチオンだ。 なんかお遍路を薦められたし。そんなこんなで小一時間のトーク。ちょっと喋りすぎじゃね?

おじさんトークも終了し、飯を食ってしまなみ街(海?)道を渡って本州に行くころには既に深夜。 橋を渡る前のPAで睡眠しようと考えるも、深夜割って使えるのかな・・・ とか考えてたら山陽道に渡ってしまったほうがいいのでは?と判断。 九州から戻ってきた23日早朝に仮眠したSAまで移動し、そこで就寝。

さて、最終日を残すのみ!!



ついに最終の10日目。

8時起床。旅中の朝は早い。
天気は・・・晴れ!!
よっしゃ、ならばずっと居たのに今回見られなかった倉敷の美観地区に行こう。今日なら街歩き最適だ。 というわけで京都まで同行する友人に電話し、昼に友人宅待ち合わせの約束をする。制限時間残り4時間。 行ってみましょう、最後の街歩き。






うむ。やっぱり観光地は平日午前中に限るね。人少ないよ〜。 ちなみに美観地区は、やはり今回お世話になった友人宅に数年前に行ったときに来たことはある。 そのときはまだ本格的に写真をやってなかったときなので、今回は気合入れて撮り捲くるぞ。














中心地域はやっぱり観光地。生活臭の無い雰囲気がつまらない。 こういう街並みはやっぱり生活臭のするところがいいね。ということで裏手のほうも回ってみる。










路地ってステキ!


とか思いつつ、はずれの方にも行ってみると、なんか屋根にVictor犬が無数にいる店?発見。 ココ何?というか2階に貯金箱博物館って書いてあるけど、それどこ?Victor犬が貯金箱というオチ?














さて、ここからは古い街並みの通りへ。うん、こっちだね。こっちが本当に俺が見たいところだね。 いいよいいよいいですよー。おっ、いいねぇこの角度。なんて一人撮影会を頭の中で妄想中。



















暑いがな!


今回の旅2度目の暑いと言う愚痴。いや本当に暑かった。この上の写真撮った時点で一回休憩。 そこらの自販機でアクエリアスを買うも、あっという間に飲み干す。あ゙ーーーーー潤う潤う。
さっ続き続きっと。パシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャ・・・

この擬音使ってると水浴びしてるみたいだけど違います。水浴びしてえ。














しゅーりょーーーーー。



時間制限いっぱいです。ああ、終わる、俺の旅が終わってしまう・・・

名残惜しいのも束の間、約束した友人宅に。颯爽と倉敷を出発し、午後はずっと高速を走りっぱなし。 倉敷を12時半過ぎに出て京都には15時。京都駅で友人とお別れして、俺は再び名神高速方面へ。
京都、ちょっと寄っていきたかったけど京都はちょっとで済むわけないので、これはまた次の機会に。 清水坂のところの国道1号の交差点を右折し、ああ、そこに清水寺があるのに・・・ などと後ろ髪惹かれつつ高速に乗る。京都は今度秋に行きたいですな。

途中、名古屋過ぎの上郷SAで一度時間調整の休憩と夕食。夕食はもちろん?味噌カツと海老ふりゃー。 その後富士川SAにて2度目の休憩。深夜割を使えるように時間調整。そして最後のひとっ走り。一気に実家に。

実家着は28日深夜1時半。あっという間の10日間、たくさんのことがあった10日間。 本当はもっともっと長い間出て居たかったのは山々だけど、ひとまず今はこれが精一杯。 学生の頃からの念願の夢の一部を叶えることができました。本当の念願の夢は1年以上かけて日本を巡り巡る、 そして写真を撮りまくり、個展開きと写真集出版というもの。一体何時叶えられるかは不明ですが、 こういう目標を持ってこれからも日本を撮影していきたいと思います。

ちなみに今回の旅のMVPは、もちろんカルディナ君とD70ですが、 陰の立役者としてRioのmp3プレイヤーが重要な役割を果たしてくれました。 長い車の旅のお供に必須です。ありがとうRio。




そういうわけで、以上で6月の中国地方の旅写真レポは終了になります。全5ページになりました。 今年は時間と資金が許す限りまた旅に出るつもりですので、お楽しみにしててください。 本当にありがとうございました。

/* Copyrights (C) 2003-2009 N502i遣いの休息. All rights reserved. */