×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

shashin

中国地方への旅 W

2006/06/22 (木)

放浪の旅も5日目。ハタと思いつき、勢いで九州まで行ってしまいました。


まずは前夜、山陽道をひたすら西へ走り、着いたのが本州最後のPA、壇ノ浦PA。今日はここで寝る! ここで寝るの!!と我が儘を言い、深夜の対岸(門司港)の夜景をちょろっと撮影。 既に空は雨模様。明日が心配。





朝7時起床。
ぐもーーーーーーーーん。曇り・・・今回初の悪天候。 でも梅雨真っ只中で今まで天気が良かったのも運が良かったのだし。 仕方ない。お天道様の機嫌が悪くならないうちに街歩きを始めよう。 ということでサクッと関門大橋を渡り、10分ほどで門司港市街地へ。
駐車場がすぐ見つからなかったけど、何とか発見し機材を持って出発。

どの建物が何なのかは、全部説明すると大変なので名称だけにします。


国際友好記念図書館


旧門司税関






ブルーウィングもじ(跳ね橋)


よく考えたら以前門司港に来たのが7年前。そのときも朝6時前とかの超早朝で、しかも風がやたら強い日だった。 (でも10時ごろには快晴になった)俺が門司港に来るときは、あまり天気が良くないのか、ただ運が悪いのか。
今、これを書きながら昔撮った写真を見ているのだけど、街並みはほとんど変わってない。 そういうのが嬉しい。俺、若いなぁ。




門司港駅








門司港駅はヨーロッパのターミナル駅の形式。 有名な駅舎なので、もしかしたら何かの雑誌とかTVとかパンフとかで見たことある人はいるんじゃないだろうか。 中の待合室や切符売り場なんかはとてもいい感じ。平日朝なもんで、この時間帯は通勤客ばかり。 うまく人が途切れた所を狙って撮ったけど、人の流れをとっても面白かったかも。


続いて再び街中に繰り出す。今のところ雨が降ってもポツリポツリ程度。さあ今のうち今のうち。


旧門司三井倶楽部


なんかよく分からないけど街中にあったガラス屋さんか何かの看板


さて、駅の付近をフラフラ歩いていると見た記憶のない場所が。あれ?あの建物は・・・鉄道記念館? これは前はなかった。あれから整備されたらしい。とりあえず今は中を見るのは後にしよう。 雨が本降りになったら逃げ込む場所候補。




九州鉄道記念館(旧九州鉄道本社)


門司区役所


あとは適当な場所を適当に歩くことにし、駅で入手しておいたガイドマップを見ると山手側もなかなか楽しそうだ。 尾道みたいなところも少しあるらしい。当然のように行ってみる。












に゙ゃっ!!なんか睨まれた!!

しかし曇という天気もあってか、何となく雰囲気が暗い。「裏通りは見せる所じゃない」みたいな雰囲気が。 尾道は「裏通りこそ真骨頂」という雰囲気があった。今度行くときは是非とも晴れて欲しい。 また違う顔が見れると思うので。




山手側裏通りはこのくらいにして、今度は街中の方に足を向ける。商店街を目指す。裏通りの横丁にも入ってみる。 うーん、やっぱ晴れのときに来たいなぁ。雰囲気がどうしても暗い感じになってしまう。






さてもう一枚、と思ったらカメラがバッテリー切れ。

ガフッ!!ここでそれかい!!

予備を車に取りにいくために一旦駐車場に戻る。しかもちょっと遠い。そしたら雨が多めに落ちてきた。
うむ。急がないと本降りがくるやもしれん。ちゃっちゃと車に戻り、バッテリーを換え、再び街中に。 あれ?こんな看板さっきは気付かなかったなぁ。いいポスターだな。












この段階で雨は弱くポツポツ。レトロ横丁の写真を撮る際は、後ろから軽トラにクラクション鳴らされるも頑張って撮影。 大通り付近をうろつき、雨に当たらないよう手早く撮影。よって失敗多し。斜めってたりするし。
ちなみに上の電話ボックスは、前来たときは赤じゃなかった。






関門トンネル入り口まで歩いた所で引き返す。雨も徐々に強くなってきたので、今度はインドア系で攻めることに。
まずはレトロ展望室(門司港タワー)へ。と、展望階まで行ったはいいが、 俺の入った5分後くらいに滅茶苦茶うざいじじばば団体が突入してくる。 折角静かに休もうと思ってたのにうるせーの何の。

ムキーーーーーーー!!!出てけ!!うるさい奴らは出て行け!!


かなり低く垂れ込めた雲を展望室から


ムカついたのでブラックのコーヒーを飲み干したらすぐに出る。ったく。

んで次はさっき候補にした鉄道記念館に。このとき既に雨は本降り。 とても外を歩いて撮影できる状態ではなかった。がっかりだ。








外に置いてある展示車両の中に入ったりしながら館内へ。館内は客が俺しか居なかったのか、案内の人も暇そうだった。 んで、鉄道模型の前にあるベンチに座ると、なんか案内のお姉さんがやってきて裏口に入り、鉄道模型を走らせ出した。 周りを見ても俺しか居ない。もしかして俺だけのために動かしてるの?
お姉さんが前に出てきて、いろいろ説明しながら15分ほどのショーが終わった後に、 「恐縮です」と礼を言ったら、「いえいえ、定期ショーの時間だっただけですよ」と。

あーそうね、うんうんそうだったのね。そうだよね。俺だけのためにやったりしないよね。 でも俺が居なかったら無人でもやるのかな・・・


そんなこんなで記念館を見終えた時点で時間は12時半ごろ。外に出ても雨は止んでおらず、もう今日はいいや、 と天気回復を諦め、小倉に向けて車を走らせる。途中、GSでカル君の診察を行い、オイル関係をチェック。 悪い所を全部メンテしてもらう。2時間くらいでメンテ終了し、その後は小倉駅に行って、 ビジネスホテルを取って仮宿泊。
翌23日の昼には倉敷に居なければならないので、ETC深夜割を使うために早朝3時に宿を発つ。 倉敷近くのSAで時間調整休憩をして、友人宅に昼ジャストに到着。

そしてこの後23日午後から25日はダイビングライセンス取得講習に初日に行った島に行きました。


次回は9日目、10日目の四国・倉敷のレポートを書きます。もしかしたら9日目と10日目は別ページで作るかも。

/* Copyrights (C) 2003-2009 N502i遣いの休息. All rights reserved. */